なぜ釣れないの?海釣り初心者が魚を釣れるようになるためにするべき方法

雑記

ウキを使ったエサ釣りがオススメです。(撒き餌を使う事)

いきなり結論になりますが、ウキを使ったエサ釣りを始めるべきだと言えます。専門用語では「ウキフカセ釣り」という方法です。またこれから釣りを始めようと思っている方は次のような考えは捨てるべきです。

  • エサって臭いし、気持ち悪い(ミミズみたいなゴカイっていう虫をつかうんでしょ?)
  • ルアー釣りは簡単そうで大きいのが釣れそう

まず、エサの誤解からの話です。良く、海釣りの話をすると、「ゴカイって気持ち悪いから餌を付けるのが大変だよね」という話です。釣りをあまりしたことがない人は、ゴカイや本虫を使う釣りのイメージが少なからずあるようです。私がおすすめする釣りでは、エサにオキアミを使用します。小さなエビです。ですので、動くこともないですし、独特の臭いはするものの、そこまで臭いわけではありません。

また、ルアー釣りは確かに初心者にも簡単に始められる良い釣りだと思います。ルアーを投げて巻くだけでも釣れることもあります。ただ、堤防や岸壁からのルアー釣りだと、そんなに大量に釣れることは稀だと言えます。私も、たまにショアジギングをしますが、経験も乏しいせいか、魚がいるかどうかわからないから不安になってきます。しかし、私がおすすめしたい海釣りの方法では、撒き餌を使って魚を集める事ができます。広い海のどこに魚がいるかわからない中、ルアーを投げて釣るルアー釣りに対して、撒き餌を使った釣りは、魚を撒き餌でおびき寄せることができるので、そこにうまく餌を入れることで釣果がかなり上がります。ルアー釣りでは何回もボウズを経験していますが、撒き餌を使ったウキフカセ釣りではボウズがほとんどありません。

堤防で釣りを始めよう。堤防でも魚はたくさん釣れます。

釣りと言っても、種類は様々ですよね。船に乗って釣りをする、磯に渡船を使って行って釣りをする等です。これらはどれも手間やお金がかかります。私がオススメしたいのは、堤防からの釣りです。車や自転車などで気軽に行ける場所でも、びっくりするほど大きい魚やたくさんの魚を釣ることができます。家族や恋人と海を見に行く場所の中で釣りが出来る場所もたくさんあるはずです。いざ船にのって釣りへ出かけるとなると、それなりのやる気と覚悟が必要です。堤防や漁港での釣りは気軽にいけるので釣りが始めやすいです。ちなみに、本サイトの一番上にある写真の鯛は約55cmですが、瀬戸内海に面している堤防で私が釣ったものです。そうです。本サイトで色々学んで頂くと、食べても美味しい鯛も堤防で釣れるようになりますよ。

まずは安い道具で十分です。

海釣りを始めるには、用意すべき道具がたくさんあります。しかし、一度購入してしまえば繰り返し使うことができます。コツコツ釣具を集めていくのも、また釣りの楽しみの一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました