大きい魚が釣れたときタモ網はどうやって使ったらいいの?タモ網の使い方選び方

おすすめ釣具

私が初めてタモ網を使ったのは、沖縄県那覇市の波止へ一人で釣りにでかけた時でした。いきなりウキが左に強く引ったくられたと思ったら強烈な引き。相手は、40cmのチヌ(ミナミクロダイ)でした。凄まじい引きに興奮状態でファイトし、なんとかチヌを弱らせました。そこでふと我に返って「あれ、タモ網ってどうやって使うんだっけ。。。」それまでは、師匠や同行者に魚をすくってもらいました。はじめて自分でなんとかしないといけない場面で困った経験があります。本記事では、タモ網の使い方を簡単に紹介していきたいと思います。

タモ網とは?大きな魚が釣れたときに魚をすくう網のことです。

タモとは、ランディングネットとも呼ばれます。先端の網の部分と、タモの柄と呼ばれる伸縮自在の棒部分を組み合わせて使用する網の事です。堤防等で使用する場合、タモの柄の長さは4m以上あればOKです。ルアー釣りなどに比べて、本サイトでオススメしている海のエサ釣りでは、竿や釣り糸が細いです。なので、20cm以上の魚が釣れたらタモ網を使用して丁寧に釣り上げることをオススメします。

タモ網の役割とは…

魚の重みで竿や仕掛けを傷めない

魚を傷付けない

食べない魚をリリースする際にも、タモ網に入れてそっとリリースしてあげると良いです。

タモ網は、ネットの部分、網の輪っか部分、長く伸びる柄の部分に分かれるものを使用しましょう。

なぜ、ネットと輪っかと柄の部分の分離式が良いかと言うと

  • 分解できるので、コンパクトになり持ち運びに便利だから
  • 網の部分は、海水に付けて使用するため、劣化が早い
    • 新しく買い替えがしやすい。

ということになります。また、輪っかの部分は、海で使った後に真水で洗い感想させて置くと良いです。海水が付いたままで放置しておくと、広げられないくらい錆びついてしまいます。素材は、錆びにくいステン製がおすすめです。

網の部分は安価で質が高いプロマリン、タモの柄はSHIMANOやDAIWAといった釣り具メーカーの良いものがおすすめ

網の部分は消耗品になりますので、コスパが高いプロマリンのものが大変オススメです。また、網のサイズや素材なども豊富です。近くの釣具屋さんでも良く見かけます。私は、こちらを使用しています。

一方で、タモの柄の方は、少し良いものを準備しておきましょう。私は、中間グレードくらいの柄を利用していますが、網の部分とタモの柄を連結するネジの部分が取れてしまったことがあります。経年劣化が進んでいたと思いますが、70cm級のボラを5匹くらい連続でランディングしていたところ、バキッと取れてしまいました。釣具屋さんで直してもらいましたが使い続けるのは少し不安です。そういうこともあり、タモの柄については良いものをおすすめします。しかも、一回購入したら10年以上使用できるものです。

タモ網の使い方手順 

  1. 魚を弱らせて水面に浮かせる
  2. 竿を左手一本で持ち、右手でタモを持ってタイミングを図る(持ち手が逆もあり)
  3. 魚をすくえそうなタイミングで網を海まで伸ばす(タモの柄を脇にしっかりとホールド)
  4. 網は水面で動かさず、左手の竿で釣り糸のテンションをかけたまま魚をコントロールし、頭から網へ誘導する
  5. 網に魚が入ったら、釣り糸をゆるめ竿の柄の部分を股に挟む
  6. 両手でタモの柄をゆっくりと手繰り寄せる

注意点は、焦らない事です。そして、慣れないうちは想定外の大物がヒットした場合など、近くの釣り人に手伝ってもらいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました