レバーブレーキ付きリールを絶対買うべき理由 初心者にもおすすめの海釣りリール

おすすめ釣具

海釣り初心者の方やこれから新しいリールを購入しようと考えている方には、レバーブレーキ付きのリールを購入することをおすすめします。レバーブレーキを触らなければ、普通のリールとしても使用できるため、徐々にレバーブレーキに慣れていくことも可能です。本記事では、レバーブレーキの有用性を解説していきたいと思います。

レバーブレーキとは?

レバーブレーキとは、指で操作するリールのブレーキです。本来、どのようなリールにもドラグと呼ばれるブレーキがあります。このドラグとは、ある一定の強さで糸が引っ張られるとジジジーっと引っ張り出される機能です。(イメージできるかたがほとんどだと思いますが)つまり、糸が切られないように糸の強度以上の力がかかると、自動的に糸が出されるようにしておけば良いわけです。一方でレバーブレーキは、OFFにすると瞬時に糸のテンションを0にできます。一番レバーブレーキの力が発揮される場面は、魚に竿がのされた(強烈な引きで竿が倒されてしまう)ときです。竿がのされそうになり、水面と竿が平行になりそうになると、竿の力を発揮させるため竿を起こして水面と垂直方向にする必要があります。その際に、人差し指で抑えていたレバーブレーキをOFFにする(人差し指を離す)ことで道糸のテンションが緩み、瞬時に竿を起こすことができます。比較的、細い釣り糸、細い竿で行うウキフカセ釣りをする際には、このレバーブレーキがかなり重要になります。

レバーブレーキがあれば大物とのファイトを有利にできる

大きな魚がヒットすると、そのパワーで竿がのされてしまうことも多々あります。竿の力を最大限に活かすためには、竿を立てなければいけません。そんなときに役に立つのがレバーブレーキになります。瞬時に道糸を出すことが可能なため糸のテンションを適度にかけたまま竿の体勢を立て直すことができます。常に竿の角度を意識することで竿の力を利用して大物の体力を消耗させることができるので、ファイトが有利にできます。

竿や仕掛けが扱いやすくなる。道糸を伸ばしやすい。

レバーブレーキリールの最も実用的なおすすめポイントは、竿や仕掛けが扱いやすくなること。仕掛けを作成する際にも、ベールをあけて糸を出すと道糸がたるみ過ぎてしまい、ライントラブルにつながることが多々あります。しかし、レバーブレーキをオフにして道糸をフリーの状態にすれば仕掛けを作るとき、タモに魚を入れたときなど、釣りの様々なシーンで便利です。

釣りのゲーム性が増す

魚とのやり取りの際に、ブレーキがあると魚をコントロールしやすくなります。ブレーキ一つで魚のパワーをコントロールできるので、釣りのゲーム性が増します。釣りの楽しさがかなり高まることが実感できると思います。私は、レバーブレーキになれてしまったので、レバーブレーキなしのリールでは物足りないです。

おすすめのリールはこれ!スペック等は?(レバーブレーキ付き)

3,000番を使用しましょう。

リールには、番手と呼ばれる「大きさ」が存在します。おすすめの番手は、3000番です。比較的軽めで、大物にも十分対応できるからです。また、リールに巻いておく道糸の長さは、75mあれば十分です。なので、2000番のリールでも大丈夫ですが、幅広い釣りに対応できるという意味でも3000番をオススメします。

初心者用エントリーモデルリール製品比較

浜田商会
グレシアスピン
GR3000LB
シマノ
16 BB-X ラリッサ
C3000DHG
ダイワ
19シグナス
3000H-LBD
価格7,736円〜19,652円〜21,945円〜
重さ328g270g285g
最大ドラグ力6kg8kg8kg
最大ブレーキ力6kg8kg14kg
最大巻上長80cm90cm93cm

価格の安さとコスパなら浜田商会(プロマリン)のリール

比較表にもありますが、コスパ重視なら浜田商会のレバーブレーキリールがおすすめです。リールは手入れをしなければ塩水で傷んでしまいます。初心者のうちは、ついついリールのメンテナンスを怠ってしまったり、メンテナンスの仕方が甘くなったりして、リールをダメにしてしまいがち。まずは、浜田商会のリールから使ってみることをオススメします。値段も驚異の一万円以下です。

軽さ重視ならシマノ16 BB-X ラリッサC3000DHG

リールの重さは、選ぶときの重要な要素です。長時間の釣りでは、竿を常に持っている状態です。軽いリールであるとその分疲れを軽減させ、快適な釣りができます。シマノ16 BB-X ラリッサC3000DHGは、レバーブレーキリールの中で最軽量モデルになります。

パワーで選ぶなら、DAIWA ダイワ19シグナス3000H-LBD

最新モデルであり、技術も最新なのがDAIWAのシグナスです。レバーブレーキ力はなんと14kgと、他の製品を圧倒。このブレーキ力は、SHIMANOの最上位グレードのリールよりも強力です。レバーブレーキ力とは、BITURBOブレーキと呼ばれ、レバーブレーキを使った際に魚を止められる力のことです。ブレーキに使う力も半分ほどで良く、魚とのやり取りに安心感が生まれます。また、釣り糸を巻き上げる効率も、3モデルの中で最も高く、仕掛けの回収もスピーディーに行うことができます。初心者向けのエントリーモデルリールの中では、最高品質のものと言えるでしょう。この強力なブレーキ力であれば青物を狙っているアングラーにも満足行く性能ではないでしょうか。

以上、ご紹介したリールは、中級者になっても長く使い続けられる高性能のリールばかりです。海釣りをしたあとは、必ず真水で洗うなどしっかりとリールのメンテナンスを行えば、数年間仕様が可能と言えるでしょう。リールのメンテナンスだけは特に気をつけて、怠ることがないように注意してほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました